PCを使って学ぶ訪問看護の知識

障害や病気がありながら、病院へ行かずに自宅で生活したいという方がたくさんいます。しかし、家族だけで医療ケアができるか不安になることもあるため、訪問看護の需要が増えています。そのため、医療機関に勤める看護師の中には、訪問看護師として働くことに興味のある方も少なくありません。

しかし、訪問看護師として活躍するためには、看護の基礎と併せて、在宅ケアならではの知識を学ぶ必要があるので、PCを使い「訪問看護eラーニング」のようなサイトで学ぶことをおすすめします。訪問看護eラーニングとは、日本訪問看護財団がWebを通して発信している通信学習プログラムのことで、訪問看護師として働く上で欠かせない知識を習得することができます。

学習内容は、訪問看護概論や在宅ケアシステム論、訪問看護展開論を含んだ全6章に分かれているのが特徴です。訪問看護概論では、訪問看護の役割や訪問看護ステーションの開設、運営の基礎、訪問看護の倫理を学ぶことができます。また、在宅ケアシステム論では、地域包括ケアシステムやケアマネジメント、在宅移行支援などについて触れており、訪問看護展開論は、訪問看護過程や訪問看護の実際、記録について知ることができるため、自宅で効率よく訪問看護の知識を習得できます。

訪問看護eラーニングでは、動画や写真を使用した教材を使って自宅学習をサポートしてくれるので、未経験者でも訪問看護に興味がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょう。このような通信学習プログラムは、PCスキルの基礎さえあれば問題なく利用できるので、おすすめの学習方法です。