コミュニケーション能力の重要性

医療機関で働く看護師に必要なスキルの1つに、コミュニケーション力があります。看護師の仕事内容は医師の補佐をしたり、入院患者の世話や医療業務を行うことです。したがって、仕事をするときには、医師や同僚の看護師と会話をしながら連携を図り、スムーズに患者の治療を行えるようにすることが大切です。

また、入院患者のケアをする際には、患者の身体状況を把握しておかなければならないため、日常会を含めたコミュニケーション能力が求められます。しかも、看護師は患者の家族と接する機会も少なくないため、コミュニケーション能力が乏しいと感じていたら、仕事に支障が出てしまう可能性があります。看護師は医療の知識と技術があれば仕事が出来るというわけではなく、周囲の人と上手く会話しながら医療業務を行うことが欠かせないので、この職業を目指す場合は、積極的なコミュニケーションを図る努力をする必要があるでしょう。

ちなみに、同僚や患者と会話をする際には、言葉遣いも重要になるため、敬語をきちんと使えるようになっておかなければなりません。敬語をうまく使えずに仕事をしていると、社会人としてのマナーが欠けていると評価されてしまい、周囲から信頼されなくなってしまいます。

さらに、仕事で人と話すときには、笑顔を忘れず、表情豊かに接することもポイントです。明るい話題の時はにこやかに対応し、悲しい話や真剣な話の場合は、その場の雰囲気に合った表情で会話をするようにしましょう。